株式会社ケイツー・インタラクティブの会社情報

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

会社情報

企業理念

私たちの使命

日本の未来が、より『元気』で『幸せ』になる事に貢献します。

私たちの描く未来

ボーダレス・コミュニケーションを創造します。

インターネットから実社会まで世界の人とモノ・コトをつなぐボーダレス・コミュニケーションを実現し、世界でたたかう元気な日本企業を増やします。

私たちが大切にしている3つのこと

  • 本質を見抜く力を大切にする。
  • 一人ひとりの個性・能力とチームワークを大切する。
  • ワクワク挑戦する気持ちを大切する。

代表挨拶

ケイツー・インタラクティブ代表:永田勝也

初めまして。ケイツー・インタラクティブの代表を務めます、永田勝也です。

私がIT業界に転身したのは2003年の秋。
それ以前は食品業界の営業畑で物を売る為に日々試行錯誤していました。
まだインターネットが社会に普及し始めた頃でしたが、私はこの仕組みが未来を大きく変えると強く感じていました。 実際に大手企業が公開しているホームページを閲覧し、その情報を活用して新規営業先をどんどん開拓する事ができました。

「メールにファイルを添付」という概念すら知らなかった私ですが、ITの可能性をとても魅力に感じて、無謀にもIT業界に飛び込み様々な経験、失敗を繰り返しました。
沢山の壁にぶつかり失敗を繰り返す中で私はIT業界に対して疑問を感じるようになりました。
それは、その「商品」その「サービス」をそんなに難しくする必要があるのか?という事です。

『頻繁に出てくる横文字』や『ボタンばかりのシステム』そんな難しそうな物をお客様は果たして使えるのだろうか?
実際、私自身がシステムを上手く使えずに大変苦労をしていました。お客様はプロではないので、同様の苦労をされることは間違いありません。そんな課題を解決するために、私はケイツー・インタラクティブを立ち上げました。

2007年3月に創業してから社会を取り巻く環境も大きく変化しました。
インターネットの発達とともにyoutubeをはじめとした多くの新しいメディアが登場しました。ユーザー数10億人を超えるまでに膨れ上がったフェイスブックやLINEなどのSNSは、多くの人たちの生活に変化をもたらしました。結果、世界とのコミュニケーションがより近いものになり、実生活においては、どのメディアよりもSNSで必要な情報を簡単に得ることが出来るようになりました。今や「インターネット」と「実社会」、また「国内」と「海外」を分けてものごとを考えることが難しい、ボーダレス・コミュニケーションの時代となりつつあります。

私たちはインターネットから実社会へのボーダレス・コミュニケーションをコアとした事業活動を通じて、日本の未来を『元気』で『幸せ』にすることに貢献していきます。

株式会社ケイツー・インタラクティブ
代表取締役 永田 勝也

会社概要

社名

株式会社ケイツー・インタラクティブ

英文社名

K2-Interactive Inc.

設立

平成19年3月

所在地

〒 110-0015
東京都台東区東上野2-18-7
共同ビル 3F MAP
Tel:03-5826-8684

資本金

6,000,000円

営業種目

・集客コンサルティング
・企業IT化コンサルティング
・ITに関わる経営/営業支援ツールの販売
・インターネットメディアに関わる企画/プロモーション
・SNS導入支援
・ホームページの企画/設計/デザイン/運用
・ポータルサイトの企画/運営
・集客イベント/アンケート調査

主要取引先

アイ・モバイル株式会社
株式会社NTTデータ・スマートソーシング
株式会社京王エージェンシー
京急グループ各社
株式会社高尚エンジニアリング
株式会社コンフィック
JTBグループ各社
株式会社トスネット
東映グループ各社
株式会社リクルート 他(※敬称略、五十音順)

取引銀行

三菱東京UFJ銀行
東京東信用金庫

所属・加盟団体

墨田区観光協会
NPO法人日本ラテンアメリカ友好協会

代表取締役

永田 勝也

アクセス

上野駅 3番出口 徒歩1分

Google Mapを見る

CSR取り組み

代表の志事 -SHIGOTO-

仕事と私事を突き詰め、昇華したら志事になる。
K2代表、永田のポリシーです。

ケイツー・インタラクティブは世界の国々との文化交流や、新しい和文化を発信をする活動を応援・支援しています。

粋プロジェクト

K2代表の永田が設立した任意団体です。日本の文化と世界の文化を学び、交流することで凛として世界とたたかえる人財のコミュニティー創造を目的に活動しています。

粋プロジェクトの主な活動内容
  • 歴史・芸術・文化のプレゼン交流会『socialbar -HAC-』
  • 現代における伝統文化の可能性を追求するLAB『和麓 -walock-』

写真は2016年秋に粋プロジェクトが主催した画楽人~秋のうらら~の和麓 -walock-より抜粋。
葛飾北斎といけばな(龍生派家元教授、今井蒼泉氏)のコラボレーション。