UI/IAに強いWEBサイト制作会社のCMSツール導入支援

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

CMSツール導入支援 WEBサイト運用で成果

CMSツール導入でWEBサイト更新

あなたのWEBサイトはきちんと運用出来ていますか?

WEBサイトを公開してもHTMLが判らない、WEB制作会社に発注するのが煩わしい、など理由でWEBサイトを更新しないケースがあります。折角公開したWEBサイトですので、CMSツールを活用して積極的に更新して見込み客をを増やしませんか?

CMSツールとは?

WEBサイト担当者の中には、「CMSはよく聞くけど実際どのようなものかわからない。」そんな方も多いのではないでしょうか?

CMSとはコンテンツマネージメントシステムの略称

CMSとは Content Management System の略称で、要約するとコンテンツ管理システム、つまりWEBサイトの中身(テキストや画像)を管理するシステムのことです。

管理システムと聞くと「複雑なIT技術を駆使しなければ利用できない」、そんなことを連想されてしまう方もいらっしゃいます。WEBサイトの運用目的によっては複雑なCMSツールもありますが、ほとんどの場合はブログを更新する知識があれば問題無くCMSツールでWEBサイトを更新することができます。

CMSツールの種類によってはスマートフォンからWEBサイトを更新出来ます。

CMSとはWEBサイトのテキストや画像などの記事をかんたんに更新管理出来るシステムのことです。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

CMSツール導入の効果

CMSを導入するにあたりメリット・デメリットは予め確認しておく必要があります。

CMS導入のメリット

CMSはWEBサイトをかんたんに更新できる
CMS活用による品質維持・向上

CMSを活用すれば、WEBサイト全体を通してフォーマットが決まるので、デザインクオリティーを一定に保つことが出来ます。

WEBやITの高い専門スキルが不要

HTMLやCSSを知らなくてもコンテンツ(ページ)を作成できます。その為にWEBサイト更新の内制化が可能になり、外注コストを削減することが出来ます。

WEBサイト運用における業務効率向上による経費削減

CMSツールを上手に活用すれば、ページが増えた時に各所に設置してあるナビゲーションやリンクの整合性が自動的に取れるので、リンク切れなど人力でのチェックは必要ありません。

CMSツールは検索エンジンと相性がいい

CMSによってはSEOを考慮したシステムをオプション(プラグイン)として用意しています。管理画面からタイトルなどを変更することが可能になるのでSEO対策とも相性がいいです。

担当者にWEBサイトの更新権限を付与
WEBサイト運営効率の向上

承認機能を実装すれば、複数人の作業後でも公開業務を一本化することが可能で、運営の効率化を図ることが出来ます。

コンプライアンス向上

WEBサイトの運用方針をあらかじめ定めておけば、内制可能が可能となり会社の顔としてきちんとWEBサイトが機能します。

CMSを導入すればらくらくスマートフォン対応

CMSツールにはスマートフォン対応されたテンプレートが用意されていることがほとんどです。また、一からデザインを作り込んだWEBサイトでもスマートフォン対応を最初に考慮すれば、更新の際はパソコン、スマートフォンを意識することなくページを更新することが出来ます。

その他にも、将来的に別のシステムやサービスと連携するときにデータベースに情報を持っていることが強みになります。効率よく運用すればデータベースを連携・拡張して様々なサービスを展開することが出来ます。

CMS導入のデメリット

運用初期段階の学習コスト

担当者がもし管理画面を初めて見るのであれば、少し操作が難しく感じてしまうかもしれません。基本機能のみであれば大抵すぐに使いこなせるようになりますが、複雑なカスタマイズをした場合は操作に慣れるまでに少し時間がかります。

初期費用が高価

WordPressのようにフリーのCMSツールも存在し、既存のテンプレートやシステムを利用するのみであればそれほど高額にはなりませんが、カスタマイズ次第では費用が掛かります。

初期設計が後の運用に影響

将来的に別のシステムと連動させるなどの計画がある場合は、開発前に綿密な開発計画と設計が必要です。キチンと設計してから開発に取り掛からなければ、他システムやサービスとの連携の際に別途大規模な開発をしなければならなくなる場合もあります。

導入前にキチンと目的設定すればCMS導入は非常に効果的です。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

CMSツール導入での注意点

CMSツールは用途に合わせて選定

CMSツールには無料のものから数千万のものまで様々なグレードがあります。用途や規模によって適しているCMSツールは異なります。まずは用途を明確にして予算に応じたものを選定するといいでしょう。

無料のCMSツール導入の際にも、ほとんどのケースでカスタマイズが必要になります。予算を組む際には注意が必要です。

WEBサイト運営担当者の作業

WEBサイト制作の準備

もしテキストや画像が無い場合はお客さま自身で準備いただくか、制作会社に取材・制作を依頼して素材を準備をします。どのような素材が必要かはWEBサイトで何を伝えたいか、その目的により異なります。

CMSツールでWEBサイト運用

CMSツールの管理画面のユーザーインターフェイス(UI)は、独自でそれぞれCMSツールにより異なります。基本的に直感的に操作出来るように作られていますが、それでも操作方法を覚えなければなりません。

WEB制作会社には運用前に操作マニュアルなどのドキュメントを依頼しておくことをおすすめいたします。

CMSツールのセキュリティー

CMSツール利用時のセキュリティーに関しては、主にサーバー会社さんの範囲になることが多いです。しかしながらCMSツールによっては外部からデータベースへアクセス出来てしまうものがあります。そのようなCMSツールは定期的にバージョンアップしているので、必ず最新版にてご利用いただくことをおすすめしております。

そのような理由から、最近ではデータベースに直接アクセスしてページを表示するタイプではないCMSツールが見直されています。テストサーバー上でWEBサイト用ファイルを作成して、表示に必要なファイルだけ本番環境に転送する運用方法だとデータベースに直接外部からアクセスされることが無いのでセキュリティー上の安全性は増します。

無料のCMSツールでも、ほとんどの場合はデザインやプログラムのカスタマイズが必要です。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

私たちがCMS導入を得意とする理由

CMSツールはブログのように少しのIT知識があればWEBサイトを更新することが出来ます。その為、伝えたい情報を迅速に公開することが出来て、ブランディングやプロモーションに大変有効なツールです。また、更新頻度の高いWEBサイトは検索エンジンからも高い評価を得られるため、見込み顧客獲得にも大変役立ちます。

一方で、導入の初期段階で運用を考慮して、キチンとした設計やツールの選定をしなければ効果を発揮できないだけではなく、業務効率が改悪してしまう本末転倒な事態になるケースも稀に見受けられます。

私たちは自社ソリューション開発やWEBサイト運営で得た独自のノウハウを所持しています。これらをご提供することで、CMSツールを使った効果的なWEBサイト運用を支援することが出来ます。

WEBサイトの設計・技術面からのご支援

私たちが『何故 CMS導入支援が得意か』ですが、実際に e-smartphone や NewsWriter などいくつかのCMSツールを自社開発して販売しているからです。その実績を評価され、大手ソフト開発会社様からCMS開発支援を定期的に依頼されています。既製品のCMSツールをカスタマイズすることに関しても、自信をもって高品質なものを提供することが出来ます。

CMS導入支援コンサルティングサービス

WEBページの中身となるコンテンツ作成(移行)支援や機能構築支援、カスタマイズやインフラ構築の支援およびアドバイスを行います。

WEBサイトの運用面でのご支援

私たちは実際に月間10万PVの漫画SNSと地域情報クチコミサイトを約10年間運用していました。その運用の実績とノウハウをお客さまにご提供することが出来るので、効果のあるWEBサイト運営実現のご支援をすることが可能です。

CMS導入支援ラーニングサービス

各種の管理画面の使い方から、ページ構築の方法、SEO向けのタイトル作成など、WEBサイトを運用するために必要なノウハウの学習支援をいたします。

10年に渡る自社WEBサイトの開発運用実績で得たノウハウをCMS導入支援でご提供します。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

WEBサイト制作とCMS導入の手順

CMSの導入には、1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。(ケイツー・インタラクティブでは中小規模(200P位)まで)CMSの仕様検討から実際の運用まで、私たちケイツー・インタラクティブがご支援いたします。

現状分析

WEBサイトの現状分析

現状のお客さまのWEBサイトと競合他社のWEBサイトを比較分析して、どのような状態にあるのかを客観的に評価します。

仕様検討

WEBサイトとCMSの仕様検討

お客さま事業の中でWEBサイトが目指すべき方向を定め、客観的評価を基にギャップを埋めるための施策を検討します。スケジュールや予算などお客さまのご要望を細かくヒアリングし、 WEBサイトの目的や規模に最適なCMSを選定します。

CMS購入/ダウンロード

CMS購入/ダウンロード

有料CMSの場合は購入に必要な手続をご支援いたします。無料の場合はCMSをダウンロードして導入のための準備をいたします。

インストール

CMSインストール

準備したサーバーにCMSをインストールして、CMSが稼働可能な状態にします。

構築・開発

WEBサイト及びCMS構築・開発

仕様に沿って必要な個所を開発カスタマイズして、プログラムをCMSツールに組み込みます。お客さまの運用スタイルやブランディングに最適なデザインテンプレートの制作なども承っております。

テスト・学習支援

WEBサイト及びCMSツールのテスト・学習支援

準備したCMSが仕様通りに稼働するかどうかをチェックしながら、公開後の運用に向けて操作方法をトレーニングします。ご要望に応じてマニュアルの作成や社内での講習なども承ります。

公開/運用スタート

WEBサイト公開/CMS運用スタート

予定の日時に仕様に沿った形式で、CMSが搭載されたWEBサイトを公開します。

運用支援

WEBサイト/CMS運用支援

WEBサイトは公開してからがスタートとよく言われすが、運用における各種ご支援も承っております。例えば、社内データベースとの連携や顧客情報を活用したマーケティング支援など、お客さまの既存業務と連携したWEBサイトの活用やGoogle Analyticsなどの解析ツールを利用したコンサルティングなど、お客さまの業績アップの為のお手伝いをいたします。是非お気軽にご相談ください。

分析・計画から構築・運用まで、CMS導入に必要なすべての工程をご支援いたします。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

CMS/WordPressサイト制作に関するQ&A