インバウンド対応ホームページ制作の注意点/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

インバウンド対応ホームページ制作の注意点

インバウンド対応ホームページ制作の注意点

インバウンド対応ホームページ制作の注意点:目次

自治体の観光PRやインバウンド対応に!観光アプリ SpotNavigator

全ての観光事業者様のための観光WEBアプリ SpotNavigator

SpotNavigatorは、観光客が今いる場所からかんたんに次の目的地を見つけることができる観光WEBアプリです。写真と地図で情報を伝えるので、訪日外国人にも地域の魅力をもっと伝えたい!とお考えの自治体、旅行業者、観光協会などの観光事業者様にピッタリな観光WEBアプリです。

インバウンド対応でおさえたい!国や地域で変わる色の印象

インバウンド対応では文化的背景も考慮する

インバウンド対応のホームページ制作で重要なことは、ターゲットとなる人が暮らす国や地域の文化を知ることです。私たちが普段接している色に対しての印象も国や文化的背景によって異なります。この違いが観光では面白いのですが、ホームページで情報を伝える際には気をつけなければなりません。

文化的背景で変わる色の印象

地域で受ける色の印象の違いを下記にまとめました。同じ地域の中でも文化的背景によって受ける印象も違うのであくまで一例として、ホームページ制作の参考にしてください。

赤の印象
  • [中国] 幸運、祝賀、ポジティブイメージ
  • [インド] 恐怖、火、富、権力、純度
  • [欧米] 興奮、危険、愛、情熱
  • [日本] めでたい、興奮、怒り、愛
青の印象
  • [中国] 不滅
  • [インド] 特別な色、神々しい、尊い
  • [欧米] 憂鬱、悲しみ、保守的、企業
  • [日本] 知的、安心、誠実
黄色の印象
  • [中国] 滋養、忠誠、性的表現
  • [インド] 商人
  • [欧米] 裏切り、臆病、弱さ
  • [日本] 楽しい、活発
緑色の印象
  • [中国] 永遠、家族、健康、繁栄、平和
  • [インド] イスラム教
  • [欧米] 誕生、移動、お金、死、毒
  • [日本] エコ、癒し、平和

訪日外国人に日本の風土・文化、地理を紹介してイメージを伝える

海外向けのホームページに記載する内容は、目的によって様々です。国内向けのホームページと共通して言えることは、あなたが伝えたい情報よりも、ユーザーが知りたい情報を優先して届きやすい場所に掲載することをおすすめします。もし、ユーザーが知りたい情報をかんたんに得ることが出来たら、さらにあなたのホームページに興味が沸き、『あなたが伝えたい情報』も見てくれるかもしれません。

インバウンド対応ホームページ制作時の情報掲載で気をつけることを以下にご紹介します。

インバウンド対応のホームページで扱う言語

まずは英語サイトを作ることをおすすめいたします。当然ですが、世界に日本人以外で日本語が一番得意な人はほとんどいません。対象地域で使われている公用語が一般的にインバウンド対応ホームページとして一番親和性が高いです。しかしながら、対象地域が多い場合、多言語でいくつもホームページを作ると制作コストも運営コストも金銭だけでなく、時間・労力、供に多大になってしまいます。

このような理由から、まずは比較的習得者の多い英語での展開をおすすめいたします。 もし、明確な目的があって特定の地域に伝えて行きたいのであれば、英語ではなくその地域の公用語を使うといいでしょう。

訪日外国人の日本に対する知識

訪日外国人は日本に対する知識がありません。例えば、北海道と沖縄は遠いのは何となく知っていても、青森と新潟の距離感はイメージ出来ないかもしれません。11月頃に半袖で歩いている訪日外国人を見かけることもたまにあります。

このように、日本人にはごく当たり前の情報でも、丁寧にホームページに掲載することで、とても感謝される場合もあります。ホームページに掲載した情報が、訪日外国人に有益な情報であれば、SNSでシェアされることもあります。遠く離れた人へのあなたのメッセージを広げるには、ちょっとした心遣いも大切です。

季節のイベントを訪日外国人に伝えましょう

訪日外国人は日本滞在中に出来るだけ話題の場所へ行き、特別なコトを体験したいと考えています。事前に「花見」「桜」「夏祭り」「紅葉」「雪まつり」など、その季節ならではのイベントをホームページで教えてあげましょう。

ホームページの目立つ場所には、直近で開催される催しを掲載すると、訪日外国人のモチベーションも高まり良さそうです。

一方、例えばアメリカでは海外旅行の計画は120日くらい前から立てはじめるというデータがあります。遠方であればあるほど、かなり前から旅行の計画を立てます。このようなユーザーのためにも、重要度を少し落としつつも年間行事の紹介も合わせてするといいでしょう。

インターネット環境

日本のインターネット環境よりも遅い回線の国も多々あります。どのような地域にホームページで情報を発信するかを考え、盛り込む画像や動画のサイズにも気を付けましょう。

インバウンド対応ホームページ制作の注意点のまとめ

インバウンド対応ホームページ制作の注意点、いかがでしたか? 色・物・形に対する印象は、その地域が育んできた文化的背景によって異なることがあります。

今回ご紹介した『色』ひとつとっても、ユーザーの印象が違うのですから、インバウンド対応での情報発信は国内向けのホームページと同じ構成では伝わらないこともあるでしょう。

もちろん、あらゆる地域に向けてのインバウンド対応はとても大変です。まずは誰に伝えたいか?軸となる地域や人を選定して情報を発信することから始めましょう。

私たちはインバウンド対応に強いホームぺージ制作会社です。あなたのインバウンド対応でのお手伝いが出来る日を、楽しみにしています。ご不明な点はいつでもお気軽にこちらのメールフォームよりお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

インバウンド対応のご相談・お問い合わせ

Twitterへリンク

自治体の観光PRやインバウンド対応に!観光アプリ SpotNavigator

全ての観光事業者様のための観光WEBアプリ SpotNavigator

SpotNavigatorは、観光客が今いる場所からかんたんに次の目的地を見つけることができる観光WEBアプリです。写真と地図で情報を伝えるので、訪日外国人にも地域の魅力をもっと伝えたい!とお考えの自治体、旅行業者、観光協会などの観光事業者様にピッタリな観光WEBアプリです。

自治体・観光事業者向けWEBアプリ - SpotNavigator -
インバウンド集客PR

インバウンド対応ホームページ制作の注意点に関連する記事

インバウンド対応での多言語WEBサイト制作
インバウンド対応での多言語WEBサイト制作

インバウンド対応での多言語翻訳は翻訳作業に入る前に、訪日外国人にどの情報をどれくらいの量伝えるか?を決めてホームページを再構成する作業が必要です。このぺーじでは、自動多言語翻訳サービスの紹介もしています。翻訳サービスを比較しつつ、あなたのインバウンド対応に最適な多言語翻訳施策をご紹介いたします。

インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計
インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計

インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計は、人の流れを俯瞰して観ながらインバウンドプロモーション全体像を設計することが基本です。また、インバウンド発信に有効な海外インターネットメディアをジャンルごとにまとめています。それらのインターネットメディアを組み合わせて実施できるフレームワークもこのページに掲載しています。

インバウンド対応で有効な非テキスト情報
インバウンド対応で有効な非テキスト情報

インバウンド対応での多言語展開は人材確保や工数の観点からもかなりの制作コストがかかります。対応言語を絞ることはもちろんですが、ビジュアルを積極的に採用することで情報が伝わることもあります。誰もが共通した認識を持てるアイコンは積極的に採用しましょう。またテキストが不要な動画は情報量も多くより深い情報を相手に伝えることが出来るので有効です。

インバウンド集客

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選